営業品目

造船用型鋼曲げ加工

お客様へ提供できるサービス

ショットブラスト・プライマー加工後、素材をお客様の図面に基づいて切断&曲げ加工することにより、部品としてお客様へお届けすることができます。
お客様は、工場内で部品を取り付けるのみとなり、
作業工程の短縮によるコストダウンと品質向上が可能になります。


加工の流れ

ショット後の鋼材・お客様支給図面
マーキン
マーキン

お客様が支給していただいた図面に記載された寸法・加工内容を、鋼材に記入する作業です。
曲げ加工の特有の「逆直線」も記入します。

ポイント

熟練工により手マーキンにて作業する為、図面の形式にとらわれることなく、全てのお客様に対応できます。

【処理可能工場】
本社工場 / 尾道工場


曲げ加工
曲げ加工

鋼材に記入した逆直線を確認しながら技術に卓越した作業者が、プレス機を使用して、手元のレバー調整だけで、曲げ加工を行っていきます。

ポイント

尾道工場に新設した最新式のベンダー機ではTロンジの曲げ加工も可能です。

【処理可能工場】
本社工場 / 尾道工場


撓鉄(ぎょうてつ)
撓鉄(ぎょうてつ)

3次元曲げの場合はベンダー曲げだけでは対応で、きない為、鋼材をガスにて加熱し、冷めるときに縮む鉄の特性を利用して曲げ加工を実施します。

【処理可能工場】
尾道工場


結束・出荷
結束・出荷

船のブロック、P舷、S舷ごとに結束いたしますので、納入後、お客様の負担を減らすことができます。

【処理可能工場】
本社工場 / 尾道工場



実績一覧

O社向けTロンジ曲げ加工
▲O社向けTロンジ曲げ加工
M社向け不等辺不等厚山型鋼曲げ加工
▲M社向け不等辺不等厚山型鋼曲げ加工
K社向けバルブプレート曲げ加工
▲K社向けバルブプレート曲げ加工

金属表面処理、ショットブラスト加工に関することなどお気軽にお問い合せください!